<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 5050 「第1次世界パーリー」 | main | ラフマニノフ 「音の絵」 >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Red Hot Chili Peppers 「BY THE WAY」 
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
(2002-07-10)
お礼を言うついでに紹介しちまおう企画第二弾。
某オッサンから「ほらよっ」って紹介されたレッチリです。

レッチリは前からちょこちょこ聴いてたんだけど、このアルバムを聴くのは初めて。
6年前のアルバムだから今更って感じだけど(笑)

「Can't stop」みたいな「いかにもヤツらです!」って曲もあれば「Universally Speaking 」みたいに意外にポップな曲もあって結構楽しめました。
レッチリの曲ってかっこよさの中にどこか脆さというか弱さを感じるのは何故だろう・・・。
たぶんレッチリ聴いててそんなこと感じる変な人間は少ないだろうな(笑)

しかしまあ、相変わらずの変態っぷりですね。
フリーのベースとか聴いてると、違う楽器使ってるんじゃねーかって思うほど。
みんなありえんほど上手いんだけど、どこか無骨な感じがして良い感じ。
いかにもアメリカ人って感じがして好きです。
| オンガク | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト 
| - | 21:49 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック